HOME > 健康保険ガイドTOP > [病気・ケガ]病気やケガで仕事を休んだとき 提出書類をダウンロードできます
病気やケガで仕事を休んだとき
  • 業務外の病気やケガの治療のため仕事に就くことができず、給料等をもらえなくなったり減給されたりした場合、被保険者の生活を支えるために、傷病手当金が支給されます。

ダウンロードした書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です

 

給付に関する手続き
提出書類
傷病手当金請求書(1ヶ月単位で記入)
PDF
EXCEL
PDF
記入例
  (注)必ずA3用紙で印刷してください
病気療養のため休まなければならないという医師の意見書 *
初回は医師の診断書
事業主から会社を休んだ証明*
請求期間の事業主による給与等の支給状況 *
 
*印は「傷病手当金請求書」内へ記入・捺印
申請ルート 被保険者→事業所社会保険担当者→健保
支給条件

・病気・ケガのため療養中であること(自宅療養でもよい。)
・病気・ケガのため仕事に就けないこと
・続けて3日以上会社を休んだとき(連続した3日の待期期間の後、4日目から支給。)
・給与や報酬の支払いがないこと(給料をもらっていても傷病手当金の額よりも少ないときは、その差額が支給されます。)
・退職者の場合、在籍中に受給事由が発生し、退職日に傷病手当金の受給権のある方(※1)に限って、退職後も引き続き傷病手当金の受給ができる。(継続して被保険者期間が1年以上あることが必要 ※2)
※1 退職日に出勤すると、受給権を満たさないことになり退職日以降の傷病手当金が支給されませんのでご注意ください。
※2 「継続して被保険者期間が1年以上あることとは他の健康保険組合に加入しており、間一日も空けずにオリンパス健保に加入して、被保険者期間がトータルで1年以上あることをいいます。

給付金 1日につき、支給開始月以前の直近の継続した12ヶ月の標準報酬月額を平均した額を30で除し、その2/3に相当する額※
被保険者期間が1年未満の人は下記1と2のいずれか低い方の3分の2に相当する額
  1. 被保険者の全加入期間の標準報酬月額の平均額の30分の1相当額
  2. 加入している健康保険組合の前年度9月30日時点での全被保険者の標準報酬月額の平均額の30分の1相当額
支給期間 支給期間は同一の疾病又は負傷及びこれによって発した疾病に対して支給されることとなった日から最長1年6ヶ月間。
注意事項 ・失業給付・労災からの休業補償等を受けている場合、傷病手当金を受給することはできません。これらの支給を受けているときには、すみやかにその旨を健保に届け出てください。また、任意継続被保険者となってから発生した傷病については傷病手当金は支給されません。
・出産手当金を受けるときは傷病手当金の額が出産手当金の額より大きいときは、その差額が支給されます。
・オリンパス健保での被保険者期間が1年半未満の方で、傷病手当金の請求をされる場合は、以前加入していた健康保険組合での傷病手当金の受給状況を確認させていただきます。上記提出書類に加え、確認書(※)の提出もお願いいたします。尚、受給状況によっては傷病手当金が支給されない場合がございます。
※傷病手当金確認書 PDF
関連ページ → 医療費が高額だったとき
  → 医療費控除
  → 訪問看護をうけるとき

このページのTOPへ

HOME> 健康保険ガイドTOP > [病気・ケガ]病気やケガで仕事を休んだとき
Get Adobe Reader