HOME > 健康保険ガイドTOP > [病気・ケガ]訪問看護をうけるとき
訪問看護をうけるとき
  • 在宅の末期がん患者や難病患者などの状態で居宅で看護婦などの療養上の世話や診療補助を必要とするとき、患者は費用の一部を負担するだけで「訪問看護療養費」の給付が受けられます。利用は医師が認めた場合に限られます。
  • 介護保険の認定を受けた方は、介護保険の給付が優先しますので訪問看護療養費の給付はうけられません。

 

利用の流れ
1
原則として「かかりつけの医師」に申し込みます。
(訪問看護ステーションに申し込む方法もあります)
2
医師は地域の「訪問看護ステーション」に訪問看護の指示を出し、その報告をうけます。
3
患者は基本利用料の3割を自己負担、訪問看護ステーションに支払います。(残りの費用は健保が負担)

利用の流れ

関連ページ → 介護保険について
  → 75歳以上の保険

このページのTOPへ

HOME> 健康保険ガイドTOP > [その他]訪問看護をうけるとき