HOME > 個人情報保護 > 個人情報の第三者提供について(該当しないケース)

個人情報保護

個人情報保護プライバシーポリシー利用目的個人情報の第三者提供について(該当しないケース)
個人情報の第三者提供について(該当しないケース)

個人情報保護法第23条第5項において、以下の場合は第三者に該当しないと定められております。

  1. 利用目的の達成に必要な範囲内で個人データの取り扱いの全部又は一部を委託している場合

当健保の委託ケース

    • 適用及び給付に関する業務委託先へのデータ提供
    • 機関紙・情報誌の発行・配布に関する業務委託先へのデータ提供
    • 健診機関・業務委託先へのデータ提供
    • 保健指導・健康管理活動に向けた業務委託先への健診等のデータ提供
    • 高齢者訪問指導に関する業務委託先のデータ提供
    • 健康増進・情報提供Webシステムの運営委託先への健診結果データ及びレセプトデータの提供
    • 健診結果および診療報酬明細書(レセプト)データ分析委託先へのデータ提供
  1. 特定の者との間で共同利用される場合

当健保の共同利用ケース

保健指導・健康管理活動に向けて事業主所属の産業医及び医療職への健診データ等の提供

 

現在オリンパスグループで行っている定期健康診断は、事業者が行うべき「法定健診」と、生活習慣病等の早期発見を目的として当健保が行う「特定健診(被扶養者健診含む)」から構成されて実施しており、個人情報保護の観点からは、「法定健診」および「特定健診」の情報は事業主および当健保がそれぞれ管理することとなります。しかし、健康診断及び健康診断実施後の健康増進のための保健指導については、「法定健診」と「特定健診」に分けて行うことは現実的でないため、事業主と当健保の共同事業として進め、加入者のみなさんの健康増進に充分に活かしていきたいと思います。

共同して利用する個人データの項目

健康診断問診、労働安全衛生法に基づく健診結果及び事後指導記録、特定保健指導記録、がん検診、脳検診及び歯科検診の受診の有無、以上に必要な適用情報

このページのTOPへ

HOME> 個人情報保護 > 個人情報の第三者提供について(該当しないケース)