HOME > 健康保険ガイドTOP > [その他]70歳以上の健康保険
70歳以上の健康保険
  • 70歳以上75歳未満の方は高齢受給者といい、平成26年4月1日までに70歳になられた方は1割負担、平成26年4月2日以降に70歳になられた方は2割の医療費負担となります。
  • 一定以上所得者(標準報酬月額28万円以上)は3割負担。ただし、本人の申請により標準報酬月額が28万以上の方でも、被保険者の年収が520万円未満の(高齢者単身世帯の場合は383万円)場合は2割負担です。また年収が520〜621万円未満の方は経過措置対象者で自己負担限度額は「一般」です。なお、基準金額は政令により決まります。
  • 65歳から74歳までの前期高齢者は、平成20年4月以降も健康保険等に加入したまま保険料を負担し、保険給付を受けることになります。しかし、医療保険制度間で医療費負担の不均衡が生じるため、その解消のため費用負担を調整する仕組みが導入されることになります。

診察の受け方

 一般健康保険と同様に窓口で自己負担分を支払います

窓口提出するもの ・保険証
・健康保険高齢者受給者証
(70歳の誕生月の翌月より有効。健保から発行されます)
自己負担限度額

低所得者I・IIが医療機関へ入院などしてその給付をうける場合は「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定書」が必要になります。健保に必要書類を添付して申請してください。

自己負担限度額
  一部
負担
個人単位
(外来のみ)
世帯単位
(入院含む)
一定以上の所得者 ※1 3割 44,400円 80,100円+(かかった医療費の総額-267,000円)×1%
多数該当は44,400円
一般 ※2

2割
(☆)

12,000円 44,400円
低所得者II※3 8,000円 24,600円
低所得者I※4 8,000円 15,000円

☆平成26年4月1日までに70歳以上75歳未満の方は1割負担

食費の自己負担42,000円※5
居住費の自己負担10,000円※5
所得に応じた負担の上限

※1 標準報酬月額28万円以上の人
※2 ※1、※3、※4以外の人
※3 ※4以外で市区町村民税非課税世帯に属する人
※4 総所得から必要経費を差し引いた合算で0円の人
※5 示した金額は平均であり、実際に負担する額は患者と病院の契約で決まります

関連ページ → 高額医療費

このページのTOPへ

HOME> 健康保険ガイドTOP > [その他]70歳以上の健康保険