HOME > 健診案内TOP > 特定健診・特定保健指導TOP

特定健診・特定保健指導

 不健康な生活習慣を続けていると内臓脂肪が蓄積し、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因となります。さらに、その状態を放置しておくと、脳卒中や心臓病(心筋梗塞など)、糖尿病合併症などの生活習慣病を引き起こす危険が増大します。
 そこで、新しい健診・保健指導では、メタボリックシンドロームとその予備群を見つけ、生活習慣病を予防するプログラムが組まれます。

  • オリンパス健康保険組合の場合35歳から75歳未満のすべての人が対象となります。
  • 今まで健診を受けてこなかった被扶養者の人も退職された人もオリンパス健康保険組合に加入していれば受診の対象となります。
  • メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣病を予防します。
  • 健診結果による必要度に応じて、本人に適した保健指導が行われます。
  • 国民健康保険や健康保険組合などの医療保険者が実施主体となります。

特定健診の対象実施主体健診・保健指導の内容
特定健診の受け方健診データの管理・活用

 

特定健診の対象となる人

 オリンパス健康保険組合の場合 35歳以上75歳未満の、国民健康保険や被用者保険(健康保険組合や共済組合などの医療保険)の被保険者と被扶養者の全員が対象となります。これまで健診を受けてこなかった被扶養者(家族)の人や、退職された人も受けることになります。

このページのTOPへ

実施主体は医療保険者

 これまで市区町村などで受診していた人についても、平成20年度以降は健康保険組合などの医療保険者が実施の主体となります。

このページのTOPへ

健診・保健指導の内容

 これまでの健診では、病気ごとの早期発見・治療が目的とされ、健診後の指導も病気ごとに行われていました。しかし、平成20年度からは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)およびその予備群の人を発見し、生活習慣改善の必要度に応じた保健指導が行われます。これにより、受診者本人に適した指導を受けられるようになります。  
 なお、内臓脂肪蓄積のリスクを判定するため、「腹囲測定」の検査項目が新しく加えられます。

<健診・保健指導の流れ>

 全員を対象に「基本的な健診」(腹囲やBMI※計測を含む)が行われます。また、健診結果や質問票の内容をもとにして、保健指導の必要度がグループ分けされます。

※BMIとは肥満度の指標で、次の式で求められます 。BMI=体重(kg)÷〔身長(m)×身長(m)〕  
 BMIが25以上だと肥満と判定されます。

このページのTOPへ

特定健診の受け方

 実施主体である健保組合から、受診機関や受診日などについてのお知らせが送られますので、指定の機関で受診してください。特定健診・特定保健指導は年に1回行われます。

このページのTOPへ

健診データの管理・活用

 健診結果のデータ管理は、健保組合に義務づけられます。そのため、過去の健診データと比較・分析するなど、効果的な保健指導が可能になります。

<保健指導のレベル別内容>

 健診結果や質問票の判定が行われた後、生活習慣改善の必要度にしたがって、保健指導のレベルが3段階に分けられます。レベルの分け方とその指導概要は下記のようになります。

改善の必要度
方針 情報提供 動機づけ支援 積極的支援
対象 健診受診者全員 支援が必要な人 継続的な支援が
必要な人
期間 健診結果と同時 30分程度〜1日 3ヶ月〜6ヶ月程度
内容 生活習慣病についての理解を深め、自らの生活習慣を見直すきっかけとなる情報が提供されます。 生活習慣を改善するため、受診者本人が目標を設定し、すぐに実践できるような支援が行われます。 生活習慣を改善するため、受診者本人が目標や行動計画を設定し、継続的な取り組みが実践できるような支援が行われます。

このページのTOPへ

HOME> 健診案内TOP > 特定健診・特定保健指導TOP