HOME > 健康保険ガイドTOP > [医療費]限度額適用認定証について 提出書類をダウンロードできます
限度額適用認定証について
  • 事前に健保に申請し、「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関に提出することにより、窓口での支払いを自己負担限度額までに止めることができます。

限度額適用認定証

 窓口での支払いを自己負担額までにしたい場合

  • 高額医療費について、1医療機関ごとの窓口での支払いを自己負担限度額までにする制度です。
  • この制度を利用するには、事前に被保険者が申請をし「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関窓口に提示する必要があります。
  • 平成24年4月から入院だけでなく外来についても利用できます。
提出書類
健康保険限度額適用認定申請書 PDF WORD PDF
(記入例)
申請ルート

被保険者→事業所社会保険担当者→健保

※任意継続者は健保へ直接申請してください。

対象者

自己負担限度額を超す医療費が発生すると見込まれる70歳未満の被保険者・被扶養者

方法

申請により、健保から発行された「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示すると、高額療養費の現物給付を受けることができます。窓口では自己負担限度額のみの支払いになります。

「限度額適用認定証」の有効期間は、特にご指定がない限り、原則3ヶ月間(外来の場合は6ヶ月間)としています。3ヶ月間以上かかってしまう場合は、再申請をお願いいたします。

注意事項
この制度を利用しなくても3ヶ月後に健保から高額療養費と付加給付費が支給されます
関連ページ → 病気やケガをしたとき
  → 入院をしたときの食事代
  → 病気やケガをして仕事を休んだとき
  → 医療費控除

このページのTOPへ

HOME> 健康保険ガイドTOP > [医療費]限度額適用認定証について